2014年05月26日

【京阪】錦織車庫で「保存中」の80形82

京阪錦織車庫で「保存」されている80形82。
1年ほど前から側面の塗装が剥がれはじめ、どんどん酷い状態になっています。

82_14052501~.JPG

先に行っておきますが…

この82の保存は、京阪電鉄とは関係のない別団体が行っているものです。
なので、この状態を京阪電鉄に言っても何ら問題は解決しません。

この保存団体、最初のうちは3〜4年に1回、塗装を行っていたので、もうそろそろ塗装作業に入るのではないかと観察を続けていますが(というより、嫌が追う無く目に入る)、いっこうにその気配がありません。
奥にある81の運転台カットモデルとくっつけて動態保存にしようとか意気込んでいたのはどこへ行ったのでしょうか?
未来永劫保存する、と公言してたじゃないですか…。

なお、私は、80形の保存には反対でした。「潔く解体されて欲しい」と思っていました。なぜなら、今のような醜い状況になるのが嫌だったので…。(それに、当時は「走らない電車は意味がない」という考えも持っていました) これについては、同じ錦織車庫の一番奥で朽ち果てた姿で置かれていた60形63(「びわこ号」)を幼少の頃に毎日見ていたからかもしれませんね。

正直に言います。今のままの状態が続くのなら、とっとと解体して下さい。
タグ:保存 京阪 80形
posted by もぎり屋 at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
こんばんは。

80形こんな姿になってしまっていたのですか...
数年前に錦織車庫のイベントに行った時に軌道モーターカーに引っ張られてそうこうしていたのが懐かしいです。

自分的にはいっそびわこ号ののように寝屋川車庫で保存して欲しいです(´∀`)
Posted by サーシャ at 2014年05月30日 01:59
コメントありがとうございます。
80形の場合は、「びわこ号」60形と違い、京阪電車は保存のつもりが無いですからね…。
※「びわこ号」60形も、保存の主体が京阪電車から寝屋川市に移ってますよね。
Posted by もぎり屋 at 2014年05月30日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98087343

この記事へのトラックバック