2013年09月22日

【京阪】台風による被災状況(9/22時点)

京阪電鉄のプレスリリースにもある通り、京津線は、上栄町−大谷間で土砂流入のため、運休が続いています。
9/18に続いて、9/22に見てまいりました。9/20に御陵駅に行った様子と合わせて、状況を紹介させていただきます。

(1)上栄町−大谷間

国道161号線と交差する、上関寺踏切です。

jyo0922_1.jpg

9/18に比較して、水量は減っていますが、以前、水の流入が続いています。ただ、水を軌道の左端にあるホースを通るようにしているようです。で、交代で、ダンプカー土砂の搬出のために入っていきます。全く持って線路とは思えない、寂しい光景です。

jyo0922_2.jpg

ダンプカーが交代でやってきても、依然減らない、土砂の山…。

大谷駅側、念仏寺踏切からの様子。

jyo0922_3.jpg

若干、土砂が減っていて、平坦になったところに重機が置かれています。

9/18と同じような位置から最も土砂が積もっている場所を撮影。

jyo0922_4.jpg

う〜む。あまり変わっていないような…。だいたい、重機が小さいよなぁ、って、架線があるし軌道敷の幅もそれほど広くないから、大きな重機が入れないのかな、と。

jyo0922_5.jpg

9/18時点では、この画像の右側から流れてくる吾妻川がせき止められて、上関寺踏切の方にだらだらと流れていましたが、9/22では、せき止められた上でポンプでくみ上げた上でホースで上関寺踏切の方に流すようになっています。この吾妻川、本来は赤丸の方向に流れていなければならないのですが、完全に土砂が川の進路をふさいでいます。吾妻川の流れを正常に戻さないと上関寺踏切に水が流れてくるので、まず川の流れを正常に戻さない限り、京津線の運転再開は難しい様な気がするのですが、この様子ではそちらの方で見通しが立たないような気がします。(京阪電鉄のプレスリリースで「河川管理者が…」って言ってる部分ですね。


この調子でいくと、良くて来週末の再開ではないかと、そんな気がしてきました。(最悪、1ヶ月近くかかる?)

なお、念仏寺踏切から大谷方向を見た図はこちら。

jyo0922_6.jpg

上関寺踏切から上栄町方向を見ると…

jyo0922_7.jpg

線路が錆び始めてきました(悲)。


(2)御陵駅(9/20撮影)
9/19の夜から、地下鉄東西線は動き始めましたが、京阪は土砂流入とのことで運転再開していません。
そこで御陵駅に様子を見に行ってきました。

misa092002.jpg

電車の来ない4番線ホーム。でも、軌道からはスコップで溜まった泥を削る作業の音が。

なお、ホームはなんだかほこりっぽい。いや、砂っぽいです。

misa092001.jpg


なお、京津線の京阪山科−御陵間は「京都地下鉄へ振替乗車」となっていますが、これは定期券のみです。
また、浜大津−京阪山科間も、JR琵琶湖線・湖西線へ振替輸送出来ることになっていますが、こちらも定期券のみ。乗車券の場合は、浜大津−京阪山科を走る代行バスにしか乗れませんので注意が必要です。

posted by もぎり屋 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76329614

この記事へのトラックバック